介護サービス業界への転職は本当に人材が不足してる。

施設内のスタッフに求人が来ないから紹介してもらわないと困るくらいになっている。

職が欲しいと思ってる人の中で、介護に興味を持ってる人材はどうやって探せばよいのだろうか?

介護のサービスを行う施設(介護支援施設等)の会社がスタッフを採用したいのに全く希望が来ない。

以下のような悩みが全国の中で広がりを見せている。

面接の前の段階で働き手の候補からの質問や相談などの電話やメールすらない。

求人の募集サイトに登録掲載しても全く来ない。

チラシや地方紙媒体に広告を掲載していても採用の見通しは立たないまま。

履歴書が届くという気配がほとんどしない。

このような働きたい人はいないのか?と思ってしまうほどの不安を持つ施設も多数存在する。

しかし、これは何も介護の現場だけの問題ではなくなってきている。

一般の求職者が持つ不安と安心に必要な情報の内容は年々増えている。

働きたいと思っていても内情が分からないケース。

業界未経験や無資格者へのサポートや教育体制は?

就職したら辞められないなんて記事を見た事がある。

時間が不規則すぎる内容はちょっと怖い。

このように、いくら安定した仕事と呼ばれる中に位置づけられていた場合でも、やはり仕事を求める側が慎重になり、働き方を選ぶという視点が広がりを見せている。

このブログは、静岡県島田市にある合同会社ライフストレッチが運営しております。

当社サービスの1つであるr60life.com。

このサービスは、60歳からの再就職を希望している男性女性の専門転職求人掲載サービス。

企業の求人広告経費負担を180日500円という採用までの長期計画をしやすい料金体制を採用。

多くの方が、さまざまな理由で退職を希望する。

この時期は、ある程度前から分かっているケースもあれば、突然の状況に現場が混乱をするケースも見受けられる。

このような時、いざ大手求人広告サイトの掲載を利用使用と思っても反応が無いというケースも多い。

そこで、少しでも内容的にシニアや60歳以上でも仕事のサポートが可能な介護施設の求人広告には活用を検討して頂けたらと考えております。

介護求人が来ないのは内容か?

介護求人来ない

仕事を探す者も多いはずなのに、なぜ就職の希望者からの履歴書すら見かけない。

求人の記事内容が悪いからか?

キャッチコピーが足りないのでは?

時間が短いから利用している人に情報が届いていないのか?

業種を問わず、求人が来ないという悩みは圧倒的に増えている。

人材の確保。

この言葉の価値が徐々に時間の経過に伴い難しさを深刻化させている。

外国人の雇用も徐々に進み、働く店の店員があっという間に日本人から外国人主流になっていくような光景も広がりを見せ始めている。

飲食店、レストラン、居酒屋、ホテルや宿泊施設系サービス業。

コンビニや店の店員。

このような場所を利用する際、店員から日本人の姿が見当たらないという事も多い。

こうした中で、いったい介護の求人には、どうしたら働く人が集まるのか?

介護福祉士他資格への先入観

昔は、介護の業界にも資格が最初からあったわけではない。

徐々に時代が進み、制度の概要がまとまりを見せた感じ。

しかし、今から他の企業からの異業種転職を希望する人の気持ちからするとどうだろうか?

職種の違う業界の話すら聞いたことが無いという人がほとんどのはず。

いくら働く先が掲載されていたとしても情報の確認をした時、ふと思うのは、資格ないよ!

ここからスタートする感じが多い。

いくら求人サイトの大手のリクナビなどで掲載してもこのように、あくまで企業の規模や運営している会社の情報だけの話しではない。

勤務する前の不安。

この時点で、担当者に対して問合せをする勇気が必要になっている現実がある。

介護の求人は探すより比較が大変

探す環境を作る事は徐々に国内でもスマホ用のサイトを作る事で簡単になってきた。

実際に自分が働きたいと思ってる時は、本を見るよりどんどんネットで検索を始められる環境を多くの人が手にしている。

その流れから仕事を選び、そして流れに沿って操作をするだけ。

難しい専門的な操作の環境は必要なく毎日誰でもカンタンに求人への応募が出来るようになっている。

しかし、それでも勤務をしたいという話が舞い込んでこない。

通年を通じて、常に人手不足に悩まされる現場。

利用者のケアやサービス向上や改善の流れの以前に、女性のスタッフを始め、今の毎日の大変な流れを同緩和するべきか?

職場内の方針だけで一日が終わってしまっているケースも目立つ。

入居されたい方の相談や応募はどんどん来る時代。

なのに、職場のヘルパーが全く整わない。

このような悪循環をもたらす時、やはり来ないという原因の根本的原因は認知度の低さ。

コンビニ店員のイメージ。

レストランや飲食店などのサービス業へのイメージ。

このように、アルバイトの経験があるような業種の場合は、正社員としての応募にも積極的な活動がしやすい人も多い。

しかし、有資格者。

この言葉一つで、将来資格がとれなかったら仕事ができないのではないか?

何か難しい事をさせられるのかもしれない。

このような仕事の流れが分からないからこそ抱く、他業種との比較が重要視されていくようになっていく。

 

介護求人が来ない時シニアを活用

介護求人来ない対策

介護の求人が来ない時の考え方として現職のスタッフへのストレスや業務量の緩和が非常に大切になっていく。

しかし、現実として地方ほど、少子高齢化と過疎化、若者の世代の人口減少などの文字が並ぶ。

このような状況下でも安定的に求人が来る環境を作る方法の考え方をご紹介していきます。

介護求人が来ない時シニア世代活用で復活

当社のある静岡県内の中部エリアにおいても数多くの介護施設や介護支援サービスが存在する。

そうした中で、こんな事例を聞いた事があります。

送迎ドライバーにシニア世代のベテラン運転手を採用した。

その後、その光景を見て、若い方だけでなく、年配の人も現場で働かせてくれるのかもしれない。

あの世代の人が出来る仕事なら、自分にもできるかもしれない。

このような認知が、そのドライバーの働く光景から徐々に広がりを見せていった。

その後、求人サイトからのアクセス数が高まり、そして、アクションも増えた。

このように好循環を見せたそうです。

シニア世代が働ける職場。

この現実が与えるインパクト。

パートやアルバイトでも活用する。

そして、今いるスタッフのサポート役として将来の介護の不安も払しょくしていく。

このように次の世代につなげる活きた広告戦略にもつながっていくのです。

まずは現役ばかりに目を向けず、若者からシニア、ミドルという中高年以降をターゲットにした求人展開も検討されてみてはいかがでしょうか?

当社の活動の詳しい内容は、以下のページでもご紹介しています。

シニア求人情報専門サイトR60とは?

シニア求人情報専門サイトR60の使い方