退職をする。

雇用保険加入も終わってしまう。

年金制度の期間より前の状況では受給額が心配だ。

厚生年金で納めたお金も期間がまばらでもらえる額に期待ができる人ではない。

このような人の中には、年金受給にも安心が無く、給付されていた諸手当などがなくなった事で、不安が増す日々。

実際に厚生年金などの年金の受給額計算を改めて確認してもらえるお金が60歳を迎えた頃の想定とかなり違った。

雇用が正社員だったからと思っている人の中でも定年だから仕方ないと思っても、年齢的にまだ雇用してもらえる場所を求める動きも高まっている。

しかし、ハローワークはあくまで失業給付の相談や手続きが基本。

平均日額から計算されてもらう失業給付は決して条件が良かった方も数ヶ月分をまとめてもらうのみのお金。

こうした状況に、自分の年金受給より前の生活分を何とか埋め合わせる。

この考え方から、少しでも自分の働ける条件を住まいの場所の近くで探す動きが高まっている。

しかし、63歳からの再就職。

就職して働くと言っても、どちらに相談したらよいのかすらわからない!

このように、自分が働く場所を探す時に戸惑いを持つ方が多い。

64歳になってしまう。

定年退職者である。

老齢と言われても仕方がない年齢。

企業はこんな年齢の人を男性でも女性でも雇い入れてもらい、日額でも利用してくれるのだろうか?

こんな定年退職による離職後の給与の無い生活内容に不安を持ち、被保険者だった時の内容と生活についての情報を照らし合わせる人も多い。

仕事がある間は、何も考えずとも勤務していたら健康保険も加入して、仕事も何か氏らは継続することが出来て。

勤務している時には不満が高まる内容が多かったはず。

しかし、雇用期間について、勤務を終えてしまった時には、何を恩恵として受けていたのかを知る。

60歳定年後という視点からも記事を書いています。

60歳定年後仕事

60歳再就職定年後の仕事の探し方|専門サイトの選び方

このブログは、静岡県島田市にある合同会社ライフストレッチが運営しております。

当社サービスであるr60life.comでは、60歳以上の男性女性が仕事を求める。

そして、企業も過疎化の地域に勤務を可能とする60歳以上の男性女性を求める。

この2つを出来るだけ専門性の高いサイトとしてご提供ををさせて頂く。

シニア求人というカテゴリにおいて、180日500円という登録料を頂いて運営しております。

63歳で退職したら何が課題?

63才で退職したら

老後の生活を支える仕事を探したくても、実際に何のサイトを見ても結果的に自分の年齢が勤務対象になってるのか不明な企業が多い。

63歳で退職したらミドル?シニア?

よく人は、転職や再就職という概要を知ろうとする時、自分がどんな立ち位置から検索をしていくべきかなのか?

こんな視点で迷いを持つ方が多い。

60歳はミドル世代?

65歳はシニア世代?

60歳以上のパート、アルバイトはどこの分類?

このように仕事を探す際に、自分が検索を行っていく中で、、自分が選ぶか照りごりが分からなくなる。

このような状況で、選ぶという以前にどのサイトを使えばいいのかわからない事が多い。

63歳で退職したら周囲はどうしてる?

2018年の市場で見ても、定年退職者向けの仕事の情報は少しずつ高まりを見せ始めている。

それほどまでに定年退職後の仕事を探す方が多いとも言えるのです。

そして、働いていく中で、家計や家族の介護などの事情。

男性でも社員としてのカテゴリーではなく、アルバイトを選ぶ働き方の選択を求める声も見えてくる。

これは、あくまで自分たちの求職活動だけでなく、在職してから現在の家族の介護の認定を待つなどの問題を抱える方が増加していることも大きく影響していると思う。

 

63歳で退職したら何をする?

63歳で退職したら

社員になれば、雇用保険や在職期間中における給料の待遇を得られるのに。

このように現在次の再就職先を求める方には、まずやっておくべき事がある。

63歳で退職したらハローワークは必ず訪れる

仕事を探すという事だけの為にハローワークはあるわけではない。

あくまで、失業した人が何を請求できるのか?

自分が対象となる受給資格の対象はあるのか?

現在の自分が何か手続きをしておくほうが良い内容はあるのか?

こうした求職活動を行うにあたっての今の自分の求職者としての活動を開始する前の知識として、制度を利用するという事は可能になる。

しかし、この機会をみんな何か仕事の情報をもらってすぐにでも働けるようにしてくれると考えてしまうからギャップが生まれています。

あくまで、ハローワークは現在の公の手続きとしての手続き会場だと思っていただくことが大切です。

63歳で退職したら専門サイトへ登録

転職サイトという言葉に該当するところは多い。

しかし、先ほどもお伝えした通り、やはり人気の大手のサイトほど、現役世代の転職をサポートする求人情報が多い。

あくまで現役世代の人の中での求人探しをしやすい環境の状態が多い。

期間を限定として掲載される新着求人情報。

会社の規模や知名度等だけでは選べない採用年齢枠の不明瞭さ。

このような部分は、あくまで65歳や60歳等の年齢の方の仕事が受け付けてもらえるのかどうかも記載が無い。

だからこそ、まずは60歳以上の専門の求人サイトに登録が必要になる。

あくまで登録をする人も企業も必ず60歳より後の年齢の方を対象とする

このようなサービスが必要になった時代だと当社は考えてます。

会社としても、求人を出しても応募がなかなか来ない。

このような声が高まりを見せている時代。

いくら諸手当を増やし、時給の金額を更新してもなかなか人が集まらない。

このような現実に実際ん現役で働くスタッフたちがもう限界という悲鳴の声を上げる現実。

こうした時、雇用の促進の先がシニアなどの方も期間を問わず受け入れてもらえる企業はこの先徐々に過疎化が進む地域ほど増えるはず。

地域密着。

地元を活性化する。

このような活動を当社も静岡県。

やはり少子高齢化や過疎化がエリアごとに差を生み出している地域。

だからこそ、賃金だけでなく、雇用の促進を考えた活動を心がけて行きたいと考えております。

このような地域は日本全国(北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、関西、中国、四国、九州、沖縄)等を考えたら、多くのエリアに需要があると思っています。

自分たちが今できる事は何?

この答えとして、給付を受けるための諸手続きをしっかり済ませる。

そして、厚生年金での受給額も明確化。

更に、もらえる期間と今の家計とのバランスを確認、

その後の国保や老後の介護に対するサービス活用法も明確化。

このような先に、少しでも仕事も60歳以上になった年齢の中で、65歳を迎えるまでの期間を計画的に行動できる状況を整える。

まずはこの考え方を軸にしてみてはいかがでしょうか?

当社の活動の詳しい内容は、以下のページでもご紹介しています。

シニア求人情報専門サイトR60とは?

シニア求人情報専門サイトR60の使い方