64歳で仕事を退職。

雇用保険はなくなり、支給されていた手当もない期間。

基本的に60歳という年齢でもこういう状況の人はいるんだ。

高額な支給額があった人。

会社から再雇用の制度を適用されていた人。

65歳未満となる60歳以上という年齢での会社を退職した後の年金需給や保険給付。

こうしたないように、失業という文字を考えたくはないが、やはり生活のためには賃金が必要だと感じる者も増えている。

しかし、こうした60歳以上や65歳以上に対する就労の制度がまだまだ活発化されていないのも現実。

厚生年金。

国民年金。

それぞれの在籍した経験のある職種や加入の被保険者になって日額の計算の上で出される支給額。

決して、自分が計算していたより高いと実感する人は決して多くない。

誕生日を過ぎた時、自分の情報を見て、今まで仕事を現役でしてきた間に収めたはずの金額を見て落胆の声の方が明らかに多いのかもしれない。

65歳以上の求職者にも失業給付は存在する。

高年齢求職者給付金という制度もある。

この給付対象は、以下の条件が該当要件となる。

定年退職

契約期間満了

本人の怪我や病気

家族の介護。

このような事情により、離職前に180日以上又は1年以上の雇用保険加入期間がある方の場合は、30日分または50日分を一括でもらうことが出来る給付金。

このような細かなお金の情報は今現在が勤務期間中の方も少しでも得をするために関連記事としてかくにんしてもらう方が良いかもしれません。

実際65歳はさすがに当たらな失業給付何てもらえるはずはないだろうと思い込みをしてしまい、雇用を求めてはいても、登録や相談サービスを訪れない方も多い。

退職金があるから。

まだ延長雇用があるから。

このようなもらえる体制がある方もできるだけ何か自分が利用できる事は1つでも多く知っておくことが大切。

しかし、この先もずっともらえる金額という対象がなくなった。

企業からも手を離れ、自分でアルバイトなどをしないと働いていたころと同じ金額をもらえないのも事実。

このサイトは、静岡県島田市にある合同会社ライフストレッチが運営している公式ブログ。

当社のこのブログでは、先ほどの高齢者求職者給付金に該当しない状態の自己都合退職者やもうすでに仕事を辞めて数年経過している状態の方を含めて、60歳からの仕事探しを行う方へ専門サービスのご案内をしております。

当社が運営するr60life.com。

60歳以上の男性女性がアルバイト、パートを求める。

60歳以上のシニア世代を年齢条件をなしにいつでも雇用を開始したいと考える企業や会社。

この双方を上手に繋げるためのサービスを提供していきたいと考えました。

採用方法についても企業が求人を出しても履歴書を受け取る機会が明らかに減っているという現実。

一時ニュースなどで騒がれた働いている人の条件などの急激な悪化や自殺などにも発展している労働問題。

老齢という世代が受け取る年金の金額への不安から少しでも働いていたいと思う気持ちの高まり。

このような需要に対して、1年でも多く検索で気になった就業が可能な仕事に就きたいとチェックしている人も増えている。

60歳以上の場合は、介護などの問題を抱える家庭もあるはず。

こうした部分を気にかけながらでも少しでも特集とは言いませんが、就業したい方と労働者を求める組織が上手にそれぞれの問題を解消するための方法を考える。

それが、当社のサービス。

180日で500円という登録費用は、他の転職サイトと比較しても相当安いと思っていただけるサービス料金。

この価格は、あくまで地方も都心も問わない。

とにかくもっと60歳以上が老後という文字にだけとらわれるのではない。

働く意思を持つ方に、30日、60日、90日と経過をしていく中で、自分の働ける求人をチェックしやすい状況を作りたいと思って運営しております。

64歳で退職したら諦めるのは早い

64歳退職仕事

決して保険料を払っていた男性でも安心できる老後ばかりではなくなった現代社会。

消費税増税

固定資産税の変化。

介護の問題。

息子、娘夫婦も離れた核家族化。

決して、社会の内容を見ても、給料的にも就業規則としても記載通りという環境も少ない現実。

教育のの内容も着実に変化が生まれ、準備対象がどんどん人を必要としなくなっていく社会の変化。

こうした中でも、やはり海外とのグローバル化競争というタイミングもあり、設計なども含めた人員不足の業種も多い。

一方地方に行けば行くほど、会社都合により職を失い、再就職先を求める男女も増加している現実もある。。

あくまで特別な資格を有した人でなくても、パートやアルバイトであれば、仕事がある。

このような状況が少しでも2016年2017年、2018年と時間を経過させた中で実感できれば安心もあるかもしれない。

しかし、このような情報がまだまだ当社のような新規のサービスが広がりを見せていない状況では見る事もないという方も多いはず。

60歳以上のシニア求人というニーズ

当社のある静岡県内では、生活の中で配達業務を行う60歳以上の男性、女性の姿が増えてきた。

自転車で集配を行う業務。

ポスティングを行う業務。

このような仕事でも、やはり特別な資格を有するわけではなく、収入を受け取れるチャンスはある。

決して数は多くないと思う。

しかし、これからの時代に、基本を年齢ではなく、求職者という立場であれば、上手に60歳以上の世代を活用するという会社の仕組みも必要になってきているのではないでしょうか?

 

64歳で退職したらまずは専門サイトへ登録

64歳退職後

会社の制度をいくら期待しても今後の再雇用の期待はできない。

まずは求人情報を探す。

その上で、64歳でもokの歓迎をしてくれる会社を見つける。

こうした作業は、やはり経験が無いとスムーズには事が進まない事も多い。

だからこそ、正社員の現役引退前に少しでも自分の新しい仕事を見つけておく必要がある。

このような方には、まずは給与の額よりも仕事を探す求職者としてのサービス提供元を1つでも多く知ることが大切。

60歳以上の男女対象

当社のサービスは、基本的に60歳以上の求人を募集する求人のみを掲載している専門サイト。

他社のサービスでもこうしたサービスが徐々に2018年は大手も採用をし始めている。

しかし、まだまだ求人掲載費用も日額で計算しても高い。

このような状況に、企業が今仕事が無いと嘆く方よりも応募という具体的なアクションが遅いという現実から、情報の開示に対して迷いを持つケースも多いと考えています。

ですから、当社はあくまで少しでも60歳以上の働く意思を持つ方に確認してもらえるための一覧を用意する。

そして、企業は延長という考え方をあまり気にせず1年間1000円という登録の費用での求人広告掲載を管理できる。

このような仕組みを少しでも認知して頂きたいと考えております。

 

64歳の仕事探しの可能性

64歳再就職探し方

実際にいくら自分が希望をしていても仕事が見つからないと職に就くことはできない。

派遣、バイト、日雇い。

希望の勤務のエリア。

交通費支給でも通勤可能な範囲。

お仕事の経験や職種を問わず必ず多くの方が働きたい時の条件を打ち出す。

駅から近くが良い人。

車での通勤希望者。

時給が10円でも高い場所。

スタッフに知り合いがいるところ。

これまでの通勤で通いなれたエリア。

30代40代は、残業やシフトなどを気にする。

しかし、60代となると、一般の休みの希望とは少し違うケースも目立つ。

64歳からの仕事探しは内容より条件

まず最初に該当する会社を探す。

この時、すぐに電話をしたいという方も決して少なくない。

しかし、新着ページや人気の株式会社やメーカーなどの場合は、たとえ軽作業でも問い合わせは多い。

フリーターも現在活躍中の人も面接を希望する。

このような職種に簡単に販売でも営業でも入れるか?

この考え方からすると現実的にはなかなか厳しい環境も多いはず。

タウンワーク等地域密着サポート系の求人でもやはり医療や軽作業、調理などの職種はそれなりの反応がある分野もある。

しかし、一方で、土日の勤務や作業の専門性。

こうした部分に対しては、60代と20代から40代ではちがいがでてきやすい部分もある。

分かりやすいのは、コンビニや看護師などのシフト制を前提として人気の職種。

福祉を含めて選べる選択肢が多い。

こうなると、やはり詳細の条件が精査されて少しでも条件の整った場所を選ぼうとsるう人が増える。

月給、シフトの勤務時間、スキル以前に長期でも働きやすい特徴を精査してくる人が多い。

このような条件からあくまで競争が違う意味で贅沢思考になる分野にもチャンスはある。

64歳からの仕事探しと資格

さらに、pcなどを使ったデータ入力などの操作系の対応。

こうした仕事に長年Itの分野で活躍してきた方は、契約社員の制度なども参考にして、上手に探すのも方法の1つ。

もちろん、パソコン教室などに短時間ずつ通い、業界に精通した資格などを取ろうとする方もいるかもしれない。

しかし、本来は資格は現役世代が活かしたい分野。

年齢として考えた際には、業界に精通したベテランであることぉお求められても仕方がない。

よって、今から資格を取得する事を考えるくらいであれば、1日でも日勤の仕事を短時間でも行う。

この方が、たとえ単発であったとしても業界の中を知ることが出来る。

製造、軽作業。

このような職種には大規模な人数の募集が出たりもする。

しかし、この場合も当然表示されている情報の多くは、規定として年齢が体力なども考慮されて表示されている。

こうした事を日本全国(北海道、東北、北陸、甲信越、関東、東海、関西、中国、四国、九州、沖縄)など含めても大きな違いはないはず。

雇用形態も問わない。

整理解雇などをされた健康な中高年世代もライバル。

このような状況では、いくら説明会に参加しても気軽にカンタンに64歳を採用をしている実績を持つ会社を探すのは困難。

結果的に資格よりも、出来るだけ哉泊からの対象年齢に対しての精査を見つけ出す事の方が重要なのではないでしょうか?